FC2ブログ
■最初っからわかりきっていたことですが。
 最近自分に製作スキルが無いなと実感させられます。
 アイデア然り、グラフィック然り、技術然り。
 制作意欲はちっとも尽きる気配は無いんですが。
 (まだ制作意欲あるだけマシだと思っている)
 でまぁやっぱ目標としてプンゲとかに狙いを定めていたんですが、
 なんか最近それを目標としてしまうあまり大事な部分を蔑ろにしているんじゃ
 ないかと思いました。
 (今思えば1作目はそれの結果による副産物とでも言うべきかも)
 それこそなんか、「出ないと死ぬ」みたいな勢いで。
 第18回3分ゲーを目標にしていましたが、もう少し後の大会に目標を定めようと思います。

 少しの間製作スキルの向上に勤めようと思います。
 とりあえずそれまでは大会とか出ないで細々とゲームを公開していけたらいいなと
 思います。
 よし言ったぞ。このまま消えてたまるか。


■とある場所の議論で、
 「演出(グラフィックや音楽)はゲームとしての面白さに入るのか」
 みたいな事が話し合われているのを見て
 (違うかもしれないが演説者の意見を見る限りそう思える)
 まぁ俺は入ると思う。
 俺は大豆音楽大好き人間ですから音楽でシステム、ストーリー、シチュエーション、
 それらが断片的に浮かんできて、それを作りたいという欲求に狩られることなんて
 日常茶飯事です。
 今だって次回作案用の音楽キープしとります。

 ゲームは娯楽、という言い方がよくされます。
 俺も昔はそう思ってました。
 けど作り手に回ってみて思ったのが、ゲームは演劇に近いのではないかと。
 特にRPGなんて。
 ストーリーを如何に”魅せる”のか、そう考えると演劇に近いものがあると思うんですよ。
 100点満点のストーリーなんて存在しないし、仮に存在してもツクールRTPで
 見せられ、RTP音楽を流されたんじゃ、少なからず品位が損なわれる事だって
 あるはずでしょう。
 そのための演出なのだと思います。
 まぁもっともこの演出がゲーム性を上回るのも問題と言えば問題なのでしょうが、
 それでの成功例のほうが稀だと思うんですがね。
 超戟的侍伝とかは最近でのそれの成功例だろうけど。

 ここまで言ってあれだが、
 結局その演出の半分を占めるグラフィック関連の作成できない俺涙目なんですがね。
 へこむわー
 へたこいたー。

 デンデンデンデン
 デンデデンデンデン
 ウエェ~イ

 (以下20行省略)

 てなわけでみんな海パンで出歩かないように。
スポンサーサイト





















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2019 無糖無果汁 休憩所, All rights reserved.